BLOGブログ

2019年02月18日

カラーの色持ちについて…ブリーチ毛には当然、シングルカラーの方も色持ちUP

ブログ

皆様からよく頂く質問の中で多いのが

カラーの色持ちについて、です。

 

いくつかの項目にまとめて見ましたので、ぜひ今後の参考にご覧下さいませ♪
☆寒色


○グレー・ブルー・アッシュ・マット…人気な寒色は染料の粒が小さい為、入りやすく『抜けやすい』

なので、抜けない様にする努力が必要です。


①紫シャンプーorシルバーシャンプー・トリートメント

シャンプー自体に紫系の染料が含まれる、いわゆるムラシャンやシルバーシャンプー。

これを使用する事で色素を補いながら洗えるので、抜けを抑えられます。


②ドライヤー

熱や濡れた状態で放置するのは×。


1. 濡れている間は色が落ちやすいため、お風呂から出たらすぐに髪を乾かす。

2. 熱風ではなく低温の風で髪を乾かす。
3. 7割ほど乾いた時点で、ヘアオイルを塗り、また乾かす。

③ヘアアイロンの熱

熱に弱く、高温を当てると色落ちが早くなってしまい、ブリーチ毛はちぎれてしまう可能性もあります。

せめて150度以上は上げないくらいで巻けるようになり、あまり高温を長く当て続けないようにしましょう!

また、寝る前におだんごや三つ編みをして寝ると少し癖がつくので、それをヘアアイロンで少し調節すれば、簡単にスタイリングができ、長い時間ヘアアイロンを使わずに済みますよ☆


④カラー後のトリートメント

サロンで染めた後、キューティクルを強化するシステムトリートメント。

これをセットでする事でカラーで開きやすくなったキューティクルを強化し、染料を外に漏れにくくする事ができます☆

(onebyoneでは、ハホニコトリートメント)


⑤紫外線

夏につれて増える紫外線。これに滅法弱いのが寒色系。

近年では髪の紫外線スプレーなど便利なアイテムが出ています。これらを活用し、髪を守る様にして下さい☆



☆暖色

ピンク・レッド・オレンジ…暖かみのある暖色系は粒が大きく、入りにくいが入れば『抜けにくい』

ですが弱点もあり、染めたてを持続するには努力が必要です。


①お湯の温度

特に重要なのがこちら。

熱いお湯はキューティクルをパカパカ開きます。

それに、赤系のカラー剤は髪表面に付着するものも多いです。

必ず38度以下のお湯を使用し、染料が溶け出すのを防いで下さい。


②洗浄力の優しいシャンプーを

少しでもキューティクルが開くと流れやすい暖色系。

大量生産・超強力洗浄力の高級アルコール系(石油系界面活性剤…○○硫酸等)ではなく、アミノ酸系の優しく栄養豊富なシャンプーを使用してください。

これは寒色も同様に言えます☆

(onebyoneの取り扱いシャンプーはもちろん後者です♪)


③ピンクシャンプー・トリートメント

紫シャンプーと違い、暖色系の色素が含まれるピンクシャンプー。

こちらを使って頂くことでマイルドに洗い上げるかつ、色素も補充できるので長期間綺麗な色を楽しめます♪



後は寒色暖色両方言える事

髪は必ず毎日乾かす。

乾かす前に、洗い流さないトリートメントをつける。


これらを実践されると、明日からはステキなカラーライフになります♪

一緒に美髪・綺麗な色を保ちましょう☆



 

ヘアカラー

 

パーマ

 

三宮美容室

 

神戸美容室

 

元町美容室

 

ワンバイワンクラッカ

 

 

瀧田
one by one

CONTACT

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

078-331-5645 CLACCA店についてはこちらから